賃貸物件を思いっきりDIYできちゃう物件情報ならDIY不動産
DIY不動産
DIY不動産 > 突撃!DIY > 地中海のホテルのようにくつろげるDIYのお部屋

地中海のホテルのようにくつろげるDIYのお部屋

地中海のホテルのようにくつろげる空間をイメージ

地中海のホテルのようにくつろげる空間をイメージ

今回尋ねたのは中村友胤さんのお宅。中村さんはピアノやギターなどのアコースティックな楽器やシンセ、フィールド・レコーディングされた野外音などが重ねられアンビエントミュージックでCDを出すなど、作曲家としてもデザイナーとしてもご活躍されているアーティストです。音楽もデザインも「作るのが好き」という中村さんは、5年程前にこの場所に移り住み、業者さんと打合せをしながら、ご自宅をDIYをされました。この場所がどのように生まれ変わったのか、お話を伺いました。

ーーこちらは、どのような物件でしたか?
築40年以上の公団住宅でしたが、古い建物は躯体がしっかりしているのと、とても景観が良く静かだったのでこの場所を自宅にしようと決めました。建築士の方に監督していただき、リビングは6畳8畳をぶち抜いて14畳に、2LDKから1SLDKにして、理想のものを予算内で選んで作っていきました。当初、業者さんが全てやってくださると言ってたけれど、味わいを出したかったので自分でも制作に携わることにしました。

和室ベースの懐かしい雰囲気の室内

和室ベースの懐かしい雰囲気の室内

壁は壁紙が貼られていたそうです

壁は壁紙が貼られていたそうです

2LDKの6畳8畳を繋げて14畳の1SLDKに

2LDKの6畳8畳を繋げて14畳の1SLDKに

 ーー具体的に、どのようなイメージで作っていったのでしょうか?

イメージとしては、地中海のホテルのようにくつろげる空間にしたいなと考えていました。地中海のホテルって、言い方悪いですけど適当じゃないですか。日本の職人さんにお願いしちゃうと綺麗になりすぎちゃうと思って、コテ跡も上手くないうちに自分でやろうと決めました。壁は珪藻土のような素材に貝殻のパウダーのブレンドしたものなんですけど、貝殻が入ってるから壁が呼吸してくれるんですよ。外と一体のように暮らしたかったので、窓も全部開けっ放しにしたかったんです。ここは5階建ての5階だから、すごく風が通るんですよ。音楽をやるので機材には湿気が大敵なので、こちらを紹介してもらいました。この壁は水分量が多いと吸い込んで、少ないと出してくれるのでとても快適な湿度で暮らせるんです。しかも、素材を残しているから、家具をぶつけて傷つけちゃった場合なんかに、ちょっと塗れば直せちゃうっていうのも嬉しいですよね。壁紙だと全部張り替えなければいけないけれど、コストも手間もかからないので気に入っています。

壁を取ることで広々空間に生まれ変わりました

壁を取ることで広々空間に生まれ変わりました

入口から見えるキッチンの様子

入口から見えるキッチンの様子

ーー室内で使うものはどのように選んだのですか?
照明は高井戸にあるオーデリックで、それ以外はカタログやショールームに行って色々と見ながら決めました。換気扇だけは理想のものがなかったので国外のものにしましたが、ガラス天板のコンロやシンクなどは国内のものを選びました。お手洗いや脱衣所にはエコカラットという水分をとってくれる素材を貼ることで、湿度の低い環境にすることができました。

向かいわせに窓があるので心地よい風が入り、空気が抜けるそうです

向かいわせに窓があるので心地よい風が入り、空気が抜けるそうです

押入れだった元の空間

押入れだった元の空間

扉を変えることでスッキリした収納に

扉を変えることでスッキリした収納に

ーー工夫した点などはありますか?
身体を動かすから暑くなるんですけど、10月~12月に施工したので、熱くなかったのが良かったです。それと、夕方17時半には作業を切り上げるようにして、当たり前ですけど工事前にご挨拶に行きました。それと、これは知人のデザイン事務所を参考にさせてもらったのですが、壁まで床材を延長することで空間をとても広く感じられるようになったと思います。後は、屋上の下の階なので天井にアールがついていたんですよ。それを隠してデザイン性を取り入れつつ、空気の層を作ることで、冬は暖かく夏は涼しく過ごせるように天井に木を貼りました。おかげで、夏の暑さや冬の寒さも快適。クーラーいらず!風邪通りがいいからとても気持ちいいんです。窓を2重窓にしたので、冬もあったかくて気に入っています。
その天井の隙間にオレンジの細い蛍光灯を入れて関節照明にしたのも雰囲気が出たので良かったです。

光がさんさんと入り込む開放感にあふれる空間

キッチンの後ろは中村さんの作曲スペースに

キッチンの後ろは中村さんの作曲スペースに

 ーー大変だったことはなにかありましたか?

とにかく壊すことが大変でした。壁をハンマーで壊す作業は業者さんにお願いしたのですが、壁紙は自分でもできる限り作業をしたので本当に大変でした。そこから、シーラー塗る作業や珪藻土を塗るのはとても楽しかったです。仕事しながらだいたい2ヶ月位作業にかかりました。それと、壁塗りが素人なのであたり前ですけど、クローゼットの中の構造が複雑で難しかったですね。

こだわりの対面キッチン

こだわりの対面キッチン

ーーデザイン面でのこだわりや参考にしたお勧めの文献などはありますか?
音楽やデザインをする上で、とても機械が多い環境なので、冷たくマシーンチックにならないようにウッドベースにしました。元々、ルイスバラガンなどの建築家が好きでCasa BRUTUSやa+uなどの建築系雑誌はよく読んでいました。それとCassinaさんのなどのカタログを見たりして蓄積されていたイメージから広げていった感じです。あとはもとから持っていた家具にどうやって合わせていったら素敵かを考えたりしました。

寝室から見るリビング

寝室から見るリビング

壁には余計な水分を吸収するエコカラットが貼られています

壁には余計な水分を吸収するエコカラットが貼られています

開放的な景色。春には満開の桜が見えるそう。

開放的な景色。春には満開の桜が見えるそう。

ーー最後に、DIYをした方へメッセージをお願いします。
この場所は、自然や公園も多くとても四季を感じることができます。引越しの時に出たダンボールをゴミ回収に日までベランダに置いておいたら、ムクドリが巣を作ってしまった程です(笑)しかも、自転車に乗ればすぐ多摩センターにも行けますし、小田急と京王線があるから新宿まで25分と都会へアクセスしやすい立地で、しかも駐車場も5000円で借りることができます。もし、この場所を気に入って借りたい方がいらしたら、このまま家具付きでお貸ししたいなと考えています。もちろんDIYしてもOKです。

ーー本当ですか!!!すごい!では、こちらのお部屋に住みたい方はDIY不動産までお問合せください!

一覧へ見る